このページの先頭です

【医療脱毛クリニック】うなじ脱毛完了までの回数&施術範囲を解説

14views

投稿日:

うなじ脱毛に必要な回数

キレイなうなじは男性のみならず女性からみても見とれてしまいますが、うなじの脱毛は他の部位とは少し事情が異なります。例えばワキや腕、脚の脱毛は1本残らずキレイに脱毛することが良いとされていますが、うなじの場合は違います。なぜなら、うなじは「完全に毛をなくす」ことよりも「あくまで自然に脱毛する」ことの方が好まれるからです。

うなじの脱毛をする場合はある程度脱毛はしますが、ムダ毛だけをなくして若干は毛を残すことが多いです。当然、脱毛を行う回数も他の部位よりも少なくなります。ワキや腕などの他の部位だと、医療脱毛の場合は平均で各6回ほど行いますが、うなじの脱毛の場合は平均で34回ほどです。完全に毛をなくすのではなく整えることが目的なので、他の部位よりも回数が少なくなるのです。

産毛のような状態である程度残す方が自然なので、回数は34回程度で充分です。もしそれ以上の回数をしてしまうと、毛のある部分とない部分にはっきりとした境目ができてしまうので不自然になってしまいます。完全にうなじの毛をツルツルにしてしまうとどうしても違和感があるので、おすすめできません。

元々うなじの毛がかなり濃い場合はもう少し施術回数が増えることもありますが、口コミなんかでもほとんどの方が4回までの施術でうなじの脱毛を終えていますし、脱毛しすぎて不自然で後悔しているという声もあるので気をつけるようにしてください。口コミでも自然さが大事との声が多いです。

医療脱毛はだいたい1か月に1回行うので、4回だと脱毛期間は4か月となります。もし忙しい場合でも2か月に1回は通ったほうが毛周期に合わせられて効果的なので、時間をみつけて通うようにしてください。脱毛には脱毛サロンと美容クリニックと2か所ありますが、美容クリニックで行う医療脱毛の方がおすすめです。

一般的に脱毛回数は34回、脱毛期間は4か月ほどとお伝えしましたが、それはあくまで医療脱毛での場合です。医療脱毛では脱毛サロンよりもレーザーの出力を上げることができるので、回数は少なく期間も短く済みます。口コミでも評判が良いのは医療脱毛ですし、何より医療機関なので安心です。

うなじ脱毛の施術範囲

人によって希望の脱毛範囲は違いますが、ここでは一般的なうなじの脱毛範囲をお伝えします。まずうなじの形ですが、ほとんどの方が半円を描くような緩やかな形に整えます。髪の毛との境目があるので、なるべく髪の毛は脱毛せずにムダ毛だけを脱毛していきます。

このとき、人によっては首筋にまでムダ毛があることがあるので、そういった毛も脱毛していきます。半円になるように自然な形に整えるので、脱毛するのはその時に半円からはみ出している毛が対象です。もし範囲がよく分からない場合は、一度髪の毛を一つに束ねて確認してみてください。その時に短くて結べない毛は髪の毛ではありません。

脱毛してしまっても大丈夫なムダ毛なので、それを目安にしてください。そして合わせ鏡をしながら、首筋など余計な範囲にある毛を自分で剃って確認すると分かりやすいです。自分で剃るだけなら失敗してもまた生えてくるので、どのようなうなじにしたいか何度か試すと失敗なく範囲を決めることができるので、一度剃ってみるのもおすすめです。

それでも範囲が分からない場合は、実際に脱毛に行くとスタッフさんがアドバイスしてくれるので、その時に相談してみると良いでしょう。施術の前にカウンセリングがありますし、脱毛の範囲を確認しながら毛を剃ってくれるので安心です。自分ですでに脱毛範囲を決めている場合は、前もって剃って来店すると時間短縮にもなりますし、希望の範囲が脱毛できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です