このページの先頭です

クリニックで足を医療レーザー脱毛するなら知っておきたい!回数や料金をまとめてチェック!

18views

投稿日:

「もう、足脱毛を自分でやるのは疲れた・・。面倒だからやりたくない!もう足脱毛に通ってやる!」
これは、毎日お手入れしているのならスゴく自然な流れだと思います。わたしも、同じようにうんざりしてクリニックに通うことを決意しましたから。。

でも、はじめて医療脱毛を受けるなら回数を知っておかないとどのようにプランを選んでよいのか検討もつきませんよね。知らないまま始めてしまうと、途中で予算オーバーしてしまい諦めてそのまま放置なんてことにもなりかねません。

あらかじめ予想しておけば、どのようにプランを組んでいけばよいのか考えることができますからね。なので、こちらでは足脱毛はどれくらいで終わらせることができるのか、回数・期間、そして料金などを踏まえて解説していきますよ。わたしがオススメするのは医療脱毛なので、こちらを中心にお話していきます。

どうして医療脱毛なのか?

医療脱毛に私が拘っている理由。それは「医療脱毛のほうが、機械のパワーが圧倒的に強い」からです。効果や結果を重視したほうが先々後悔がないでしょっていう理由があります。せっかく脱毛するなら、ツルツル肌を目指したいですよね。

サロンの場合、光脱毛になるので毛根を完全に壊すことはできません。しかも光脱毛は、完了したあとでも生えてきちゃう可能性があるっていう口コミもあったが気になったんですよね。永久脱毛するには毛根を破壊する必要があるので、「医療脱毛のレーザー脱毛器じゃなきゃダメでしょ」って考えになりました。

よく医療脱毛は痛い!なんて口コミなどを見かけますが、私の場合「思っていたほどではないなー」という印象でした。じつは、医療レーザーの機械もパワーが調整する事ができるんですよ。痛みが苦手なんて思っていても、受けてみたら意外とへっちゃらなんて可能性もあるので一度体験カウンセリングなどで照射されてみるとよいでしょう。もしあなたが敏感肌なら、パワーを一番弱くしてもらい試してみてください。

クリニックでの医療レーザー脱毛 足の回数はどれくらい?

脚の脱毛は部位によって実感できるまでの回数は変わってきてしまうんです。どうしてかというと、腕などのムダ毛と違って、スネと太ももの毛質が違ってくるからです。一般的な話になりますが、すね毛のほうが太く、太ももは腕のように細い産毛のようになっていませんか。医療レーザー脱毛とはいえ、割と細い毛に関しては苦手な部分があるのでこのような現象が起きてしまうのです。

なので、レーザーの光が吸収されやすいすね毛のほうが太ももよりは早く効果を感じることができるでしょう。
医療レーザー脱毛の場合、脚の毛に関しては2~3回程度で変化を感じ取ることができるのではないでしょうか。それに対してサロンでの光脱毛の場合は、その倍の回数がかかるっていわれているんですよ。これは、出力の違いでおきてしまうもの。サロンでクリニックと同じような効果を得るには、約2倍程度の回数が必要になるということだけは押さえておいてくださいね。

自己処理がいらなくなるまでの回数は?

医療レーザー脱毛で、脚のムダ毛の自己処理がいらなくまでの回数は、大体5回前後といわれています。だから、クリニックでの回数制のおとくなパックは5回が主流になっているんですよね。

5回ほど施術を受けるとしょちょろっと生えてくるぐらいに落ち着いて、でたきたムダ毛を処理するのは楽に感じるようになるはずです。ただし、剛毛や毛質が細すぎるケース、皮膚が弱くて出力があげられないケースなどの場合、8回程度は必要になるかもしれません。

サロンで光脱毛をする場合は、12~18回ほどかかるので、期間にすると2年から4年はかかる計算になります。サロンでの脱毛をする場合、もしかしたら追加料金がいらない通い放題のプランを選んだほうが良いかもしれませんね。

クリニックでの足脱毛 料金はどれくらい?

クリニックで足脱毛するなら、私は「足全体がセットになっているもの」「5回など回数制などのパックになっているもの」こちらをオススメします。どうしてかというと、まずセットに関しては、ムダ毛が目立つのはヒザ下だけだから・・」って考えていたとしても、いざミニスカートや水着・温泉などで裸になる場合じぶんで処理しなければならないことがあるからです。

初めて足脱毛の料金を見た時に、こんなにたくさん分かれているんだ~ってちょっと戸惑ってしまいました。でも、腕脱毛でもしっかりとパーツごとに分けられているので、これは仕方がないことなんだなって納得した思いでがありますねー。パーツごとに脱毛していくとなると、どうしても割高になってしまいますよ。脚全体で脱毛しておけば、パーツごとでムダ毛の境目などもありませんから、「逆にムダ毛が目立ってしまう」という心配もいらないですね。

回数に関しても、同じような話になってしまいますが、一回ごと契約するよりは回数が多いものを契約したほうがそれだけ単価を抑えて施術を受けることができてしまいます。

医療レーザー脱毛のメリット・デメリット

部位別に分かれている

これは、医療レーザー脱毛・サロンでの光脱毛でいえることなのですが、「太もも」「膝」「ヒザ下」「足の甲・指」4つのパーツに分かれています。予算の関係で、ヒザ下だけ受けようというのならあまりおすすめできません。どうしても、境目ができてしまい目立ってしまうケースがあるからです。もともとムダ毛が太もも周辺は気にならないくらい薄くて、ヒザ下だけ目立っているのならOKですよ。

パーツごとに脱毛するのは基本的に割高に設定されていることも多いし、足全体のパックコースで受けておいたほうがトータルでは安上がりになるでしょう。

脱毛する時に心がけること

脱毛はどれくらい間隔を空けるかが大切

医療脱毛するときは、毛の成長のサイクルにあわせて施術をしていく必要があります。なので、生え揃わないうちに脱毛をしてしまうと無駄になってしまう可能性もあります。
急いでいるからといって、一ヶ月おきなど早い周期で予約を入れてはいけません。早く数をこなせば、早く脱毛が完了するということでなないので注意です。最低でも二ヶ月は期間をあけて次の施術を予約してください。

予約がいっぱいだからといってあせらないでくださいね。予約が取れずに期間が伸びてしまうのは許容範囲!そのぶんムダ毛が生えてきてくれるぶん、処理できるムダ毛の量も多くなると納得してあげましょう。

脱毛時は日焼けしちゃダメ

脱毛時に大敵なのが「日焼け」です。これはレーザー脱毛の仕組みが黒いものに反応するからなんですよ。皮膚が黒いとそちらにも光が吸収されちゃうから、毛根に与えるダメージが少なくなるからなんだそう。せっかく予約を入れていても、日焼けしていると施術を断られてしまうなんてケースもあるみたい。

日焼けしやすいのなら、とくに注意が必要ですね。脱毛をすることが決まったのなら、この先UVケアや長袖を普段から着るようにするなど工夫して生活していきましょう。

脱毛後はいつも以上の保湿ケアが必要

医療脱毛を受ける際、必ず注意されるのですが、施術後はしっかりと保湿ケアをしてあげましょう。レーザー脱毛は肌が乾燥してしまい、見た目以上にダメージを受けている状態です。
せっかく脱毛してキレイになっているのに、乾燥してしまい肌がガサガサになってしまったらもったいないですよね。医療レーザー脱毛できれいな脚を手に入れてしまいましょう。

まとめ

腕や脚は、どうしても人の目線がむいてしまう部位なので普段からお手入れをするしかないのが悩みですよね。もちろん予算が組めないなどいろいろな悩みもあるでしょう。でも、最低限でもしくみや料金などを知っていれば、もうちょっとで脱毛に通うことができる!など、意識を持って生活していくことができるのではないでしょうか。

もちろん、足脱毛は範囲が広くなってしまうため料金も高くなってしまう傾向にあります。その時は、サロンにかよってみるなど工夫してみると良いかもしれません。それでも、わたしは「ちょっと我慢してでもクリニックに通える予算を組んだほうがいい」っていう思いは変わりがありませんが‥。

自己処理をしていると、気づかないうちに肌を傷つけてしまったり、埋没毛を作り出していたりするので、なるべくカミソリなどの処理は卒業してもらいたいところですね。
料金がわかってくれば、「私もいってみようかな?」という気持ちになってくるかもしれません。多少高いって思っいるとしても、後から振り返ったとき「やっぱりクリニックで良かった!」って感じてくれるとうれしいですね。ぜひ、これから先のことも思い描きながら、クリニック選びを検討してみてくださいね( ´∀`)bグッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です